ホーム » 奈良漬の食べ方
奈良漬の食べ方と保存方法

奈良漬の食べ方について

■奈良漬の食べ方は、難しいようで実は難しくありません。
1.商品の包装を開けて、ビニール袋に包まれた奈良漬を取り出します。
2.まな板の上で、ビニール袋を開封します。酒粕に包まれた状態の奈良漬が出てきます。
3.酒粕の上から、当日にお召し上がる分だけ、包丁で切り取ります。
4.切り取った奈良漬は、キッチンペーパーなどで酒粕をさっと拭ってください。下記にもありますが、店主は奈良漬の「水洗いはおすすめしません」
(※ 奈良漬の表面に、「うっすら酒粕が残っている状態」が、一番おすすめです )
5.3mm 〜 5mmほどの薄さで、ひとくちサイズに切って、そのままお召し上がりください。ご飯にもお酒にも良く合います。
6.今回切らずに残した奈良漬は、「酒粕を全体にしっかり被せて」、元からあったビニールで包みます。
(※ ビニールが破れた場合などは、タッパーなどの密封できる容器に「酒粕ごと」移し替えて、フタをして保存してください )
7.開封後は、必ず「冷蔵庫」で保存してください。また、「賞味期限内が一番美味しく」お召し上がりいただけます。

 

■奈良漬の「水洗いはおすすめしません」
当店の奈良漬は、上質の酒粕を使用しております。奈良漬を水洗いすることで、熟成された風味・食感・旨み・乳酸菌が落ちてしまい、非常に勿体ないです。さらに水分を含んだ奈良漬は長期保存ができません。どうしても酒粕が苦手などの理由で、水洗いされた場合は、必ず冷蔵庫で保存して早めにお召し上がりください。

 

【 こちらの記事も良く読まれています 】
» 奈良漬の賞味期限
» 奈良漬の食べ方
» 奈良漬の保存方法
» 奈良漬の野菜の産地
» 奈良漬の作り方
» 奈良漬の成分 ・ 食品添加物

カテゴリーから探す

商品一覧

グループから探す

コンテンツ

上へ